いわて摂食・嚥下リハビリテーション研究会

研修会のご案内

新着情報

[2021.04.13]

第31回 研修会のお知らせ

[2021.01.06]

岩手県歯科衛生士会様より県民公開講座「口から始まる健康長寿2021」開催のお知らせが届きました。

[2020.11.26]
岩手大学理工学部 佐々木誠先生より学会開催のお知らせが届きました。
[2020.03.17]

第31回 研修会は新型コロナウイルス対策のため中止いたします。

[2019.05.16]

第30回研修会のご報告を掲載致しました。

第23回
研修会の
ご案内

日時:平成27年11月21日(土) 午後2時~5時まで

場所:岩手医科大学循環器医療センター9階会議室

参加費:無料

プログラム内容

14:00  開会のことば

       会長挨拶

 

 14:10  基調講演    座長 河嶋 寛(松園第一病院 院長)

    「岩手県における病院・施設の摂食嚥下治療の現況」

     ―いわて摂食嚥下リハビリテーション研究会の調査報告から―

佐藤 義朝(いわてリハビリテーションセンター 副センター長)

 

 14:40  シンポジウム「どこまでできる機能回復―現場の声を反映して―」

座長 高橋 明(いわてリハビリテーションセンター 理事長)

     一、外科医の立場から

       志賀清人(岩手医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科教授)

     二、障害者施設の立場から 嶋田泉司(岩手県立療育センター長)

     三、在宅歯科医師の立場から 佐々木勝忠(国保衣川歯科診療所)

     四、認定看護師の立場から

       柿澤良江(岩手医科大学 摂食嚥下認定看護師)

     五、言語聴覚士の立場から 鈴木亜古 (岩手県言語聴覚士会理事)

     六、介護福祉士の立場から 吉田 均 (岩手県介護福祉士会会長)

 

 16:20  総合討論

    「秋の研修会に期待する」      司会 河嶋 寛

          シンポジウムの結果を基に、毎年、秋の研修会のあり方を考えます。

 

17:00  閉会のことば

 

*今回の研修会は、当研究会の新たなスタートとなりますので、関係者を中心として学びを深めていくこととなりました。もちろん興味のある方のご参加は歓迎致しますので、申込書ダウンロードから申込書を印刷していただきFAXにてお申し込みください。